Dari K(ダリケー)

All-win Chocolate を
めざして。

生産者、消費者、環境。
みんなが笑顔になれる
All-win Chocolateを作りたい。
そんな想いで私たちDari K(ダリケー)は、
カカオを育てる農家も含めて
大事にすると決めました。

当たり前のようで、
当たり前じゃなかったことを。
Dari Kから始めます。

Dari K が大切にする
3つのこと

PRODUCT
商品紹介

  • Dari K(ダリケー)の生チョコレート

    生チョコレート

  • Dari K(ダリケー)のカシューチョコ

    カシューチョコ

  • Dari K(ダリケー)のカカオサンドクッキー

    カカオサンド
    クッキー

  • Dari K(ダリケー)の手作りチョコレート・キット

    手作りチョコレート
    キット

商品の一覧はコチラ

ABOUT
Dari K について

全ては「K」の島から
始まりました。

約13,000もの島々が点在するインドネシア。その中でも全生産量の7割以上は、バリ島とフィリピンの間に位置するスラウェシ島で生産されています。私たちはスラウェシ島のカカオ生産を変革することによって、チョコレート市場のあり方を変えていきたいと考えています。

Dari はインドネシア語で「~から」という意味になります。また、スラウェシ島を地図で確認すると、アルファベットの「K」の形をしていることに気づくでしょう。つまり、Dari Kという社名には
「スラウェシ島から、カカオを通して世界を変える」
という私たちの理念が込められています。さらに、KはKyoto、つまり京都の頭文字Kでもあります。「スラウェシ島から。京都から。カカオの可能性を世界に発信してまいります。

カカオの実の収穫からカカオ豆ができるまでの流れ

日本にはほとんど輸入されてこなかった、
同じアジアのカカオ豆。

それは、おいしいチョコレートを
作るためには不可欠な「発酵」の
工程が行われていないためだった。

生産量は世界でも5本の指に入り、日本と同じアジアで獲れるのに、なぜインドネシアのカカオ豆は日本にほとんど輸入されていないのか?この理由は弊社独自の度重なる調査により明らかになりました。

それは、インドネシアでは、美味しいチョコレートをつくるのに不可欠な「発酵」という工程を行わずにカカオ豆を出荷していたのです。さらに、生産者は発酵のやり方を知らないばかりでなく、仮に発酵させて質の良い豆を作ったとしても、発酵させていない低品質な豆とほとんど変わらない価格でしか買い取ってもらえないという現実があることも同時に判明しました。

手間ひまかけて
発酵したカカオ豆も、
全く発酵していないカカオ豆も
買取価格に差がないことが
原因でした。

途上国の立場の弱い生産者や労働者が作る農作物や製品を公正な価格で購入することで、彼らの所得向上を図るというフェアトレードは近年日本でも広がりを見せています。しかし、全てのフェアトレードの取り組みが万能なわけではありません。たとえば、1袋100円のカカオ豆と1袋125円のフェアトレードのカカオ豆があったとします。フェアトレードのカカオ豆の価格は通常のカカオ豆より25円高く、これが生産者(カカオ農家)へすべて還元されるとすれば、この差額の25円は彼らに対する寄付の役割を果たすでしょう。これにより生産者が受け取る金額は増えましたが、消費者は25円多く払ったにもかかわらず受け取ったカカオ豆の質そのものに変わりはありません。

一方で、Dari Kは本来1袋100円の価値のカカオ豆を125円で買い取ることはしません。そうではなく、「高品質なカカオ豆を生産したら125円で買い取ります」と条件付きで提案するのです。とはいえ、一体どういうものを高品質なカカオ豆というのか、チョコレートすら食べたことのない農家は分かりません。だから一緒にカカオ豆を発酵させ、その技術を教えます。そして香りが良くなったカカオ豆だけを125円で買い取ります。発酵させていないカカオ豆に対しては100円はおろか、50円でも10円でも買い取りません。

少々厳しいですが、質の良い豆の作り方を教え、それが出来たら買い取るという仕組みを作ることで、「がんばれば質の高いカカオを生産して所得があがる」というモチベーションを与えています。私たちが目指すのは「生産者がかわいそうだからと消費者が与えるフェアトレード」ではなく、「生産者自らが努力によって勝ち取るフェアトレード」なのです。

「生産者への対価」と「カカオ豆の品質」の比較

頑張って発酵させる
カカオ農家ほど
報われない
現状がある

高品質なカカオをインドネシアで生産するためには、まず現地の農家に「カカオ豆を発酵させることでチョコレートに加工した時の風味が格段に良くなる」ことを理解してもらうことが必要です。
そこでDari Kはカカオ農家に対する啓蒙活動に取り組みました。続いて実際に発酵技術を指導し、さらには発酵させた高品質なカカオ豆を直接買い取ることで彼らの収入環境の改善に励みました。同時にインドネシア産カカオ豆が持つ「発酵していない低品質」なイメージを払拭し、収穫後の適切な発酵により苦味と酸味のバランスの取れた高品質なカカオ豆として世間の認知度を向上させるため、自ら輸入し、そのカカオで作る香り高いチョコレートを世に送り出しています。

ここから「トリプルWin」という
取り組みがスタートしました

実際にDari Kは契約農家と直接取引を行うため、仲介業者による中間マージンを廃すことができます。その分農家に対して通常の市場買取価格より2~3割高い価格を実現させています。従来のフェアトレードでは、生産者に市場買取価格より高い価格で取引すれば「フェアトレード」が成り立ちましたが、これでは消費者は毎回購入する度に「寄付」をしているだけで慈善活動にはなっても、問題の本質は解決できていないことが多かったのが実情です。

しかし、Dari Kの取り組みにより、(1)農家は高品質なカカオの栽培技術の習得と所得の向上を図ることができ、(2)Dari Kは高品質なカカオ豆の確保を達成できます。さらに(3)消費者は「寄付」をするのではなく本当に質の良いものへ対価を払うことで、美味しいチョコレートを楽しみながら、生産者にも還元できるのです。生産者もチョコレートの加工者も消費者も、3者全てがWin-Win-Winの体制を構築しています。サプライチェーンを一貫して掌握し、それぞれの過程で付加価値を付ける、それがDari Kのビジネスモデルです。

カカオ生産から全国販売までの流れ

私たちの役割は、
すべての人々にスポットライトを当て、
努力が報われる社会をつくること