Dari K(ダリケー)

Dari K to the World
ブログ

2013年スタート!

年明けから色々なことが起こり、全力で色々やっていると
気づけばもう10日も経ってしまいました。
つい数日前の取材ではジャニーズのある方が来て下さって
チョコの話で盛り上がりました!彼のチョコに関する
知識は私がこれまで人生で会った人の中でもTOP5に入るくらい
すごくて、もちろん一朝一夕で覚えられるようなことではないので
本当に好きなんだな、と感心しました。
かといって、高級なものしか食べないわけでは全くなく
純粋にお菓子が好きなようで、また全然気取らず、
むしろスタッフの方にすごく気を遣っていて、容姿はもちろんですが
そういう誠実でフレンドリーな中身もかっこよく
ファンになりました。Dari Kのショコラティエ女子4人の
誰よりも僕自身が興奮してました(笑
昨日は韓国の仁川(インチョン)大学のSocial Enterepreneurship
(社会的企業・起業)を専攻する学生15人が京都のソーシャルビジネスを
訪問するということで、京都府の方から話をいただき、
府庁で講演・講義をさせていただきました。
Dari Kはじまって以来の初の外国人相手の講演で、
もちろん通訳なしでやらせていただきました。
通訳が入ると、自分のニュアンスが正確に伝わっているか
分からないのが怖いのと、あとは単純に自分が言ったことを
通訳さんが他の言語で話すので、時間が2倍かかる、つまり
与えられた時間の中で、自分の言いたいことが半分しか
言えなくなる、という短所があります。
だから相手も英語OKならば、通訳なしがベストですね。
1時間半英語で話し続けるなんていうのは、なかなかない
ことなので疲れますが、あまり英語が衰えていないことに
半ば驚きました。きっと日常的に英語で情報を取ったり
しているからでしょうか。ともあれ、良かった!
今年はインドネシア語をもっともっと話せるようにならねば!
最近、取材で来られた方や商談の場で「Dari Kのスピードは
すごいね~」とよく言われますが(リップサービスもあるでしょうが)、
Dari Kはガソリンを入れて勝手に走る自動車ではないので
鳥人間コンテストで必死にペダルをこぐドライバーのように
まさに私とショコラティエがヒーヒー言いながら毎日
車輪を前進させているんですね。
そのヒーヒーこぐのは決して楽ではないんですが
ひとつのチームとしてどんどん結束力は高まり、
どんどんまとまってきているような気がしています。
社員のみんな、ありがとう!
ということで、2013年もみんなで力を合わせて
Dari Kを前進させてまいります。
このブログのタイトル「Dari K to the World」の通り、
今年は世界へ旅立つ1年にしたいと思いますので、
皆さんもDari Kと一緒に飛躍しましょう!
もう、見守るとか応援するだけでは足りないんです。
一緒にDari Kに乗っかって、一緒に世界へ
羽ばたきましょう!
今年がまた皆様にとって実り多い、幸せな1年となりますように。