新着情報



2020.5.5

【ペイフォワード】医療従事者の心と命を守るNPO法人「まもるをまもる」とのコラボレーションについて

Dari K 株式会社(本社:京都市北区/代表取締役:吉野慶一)と、特定非営利活動法人「まもるをまもる」(京都市下京区/代表:大浦 イッセイ、西垣 孝行)は、医療従事者にチョコレートを贈る「ペイフォワード(Pay it forward)~あなたの優しさを医療従事者に」プロジェクトにおいて、このたび協力関係を築き、新型肺炎コロナウイルス医療の最前線で戦う医療従事者にチョコレートを届けていく活動を全国に広げてまいります。

 

4月20日の「ペイフォワード」活動の開始から、2週間で約1,500件という予想をはるかに上回る注文があり、4月30日には第1弾として、京都府下の4病院、計10,800人分のチョコレートを届けることができました。

その後、チョコレートの届け先として京都以外も検討していたところ、医療機関などの命を守る現場で働く人たちの健康と安全を守るために活動している「まもるをまもる」より、現場の情報提供やチョコレートの受け入れ病院の紹介をしていただけるとのことで、本プロジェクトで協業するに至りました。

 

「まもるをまもる」のメンバーの多くは、まさに医療現場にいる内部の方たち。

特にコロナ診療に必須の人工呼吸器やECMOの操作を任される臨床工学技士の全国的なネットワークとつながっていることから、家に帰れず家族にずっと会えていない人、感染の恐怖で心身ともに限界を超えている人たちに、消費者の思いのこもったチョコレートを届けていくことができます。

 

また、この活動に対する反響が大きいということは、それだけチョコレートの配送をしている宅配業者の方たちの負担も大きくなっているということ。

本活動を継続していくにあたり、Dari Kは荷物を受け取るときに配達員の人と直接会う消費者の荷物と一緒に、チョコレートを1枚同梱し、「よろしければ配達員の人にお渡しください」と手紙を添えることにしました。

 

Dari Kでは、皆が笑顔になれるペイフォワードの取り組みを継続してまいります。

mamoru2※イラスト:大道 レイチェル

 

 

引き続き、取り組みへご参加頂ける場合にはこちらから

 

---

【お問い合わせ先】

Dari K株式会社

TEL:075-494-0525

E-mail:pr@dari-k.com

---

プレスリリースは下記よりご参照ください。
200505_ペイフォワード協業-1
200505_ペイフォワード協業-2

商品は店舗かオンラインショップにてお買い求めください。

  • Shop
  • Online Shop

卸販売などのロット数が多いご注文はインターネットからの問い合わせか、
TEL 075-494-0525 までお問い合わせください。