新着情報



Dari K通信◆第2号◆2017.6.19.

■◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 Dari K通信 ~カカオを通じて世界を変える~
 第2号
 2017.6.19.
■◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

いつもDari Kをご愛顧いただきありがとうございます。

 

梅雨入りの報せもどこへやら、こちら京都では
真夏を思わせる青空と暑さが続いております。

前回は、図らずも芒種の入りに創刊号という種
を蒔くこととなりましたが、今週は早くも夏至
を迎え、夏はすぐそこに迫っております。

 

そこで、第2号となる今回は、「夏」にまつわる
様々な情報をご案内させていただきます。

 

お世話になった方へ夏の贈り物を
思い切って遠出の旅行を計画してみたり
限定イベントに参加してみたり
皆様それぞれが心に思い描く「夏」をお楽しみ
いただければと思います。

 
それでは第2号、是非最後までご覧ください。

 

 
◇――――――――――――――――――――
【今週の目次】
1. 季節のおすすめ
2. Dari Kからのお知らせ
3. スラウェシ日記
4. 吉野のコラム
5. 今月のスケジュール

 

【Dari K公式ページ】
http://www.dari-k.com/
▼業務用クーベルチュールのお問合せは
こちら
http://www.dari-k.com/couverture
【Facebook Dari K公式ページ】
https://www.facebook.com/dari.k.chocolate/
【オンラインショップ】
http://dari-k.shop-pro.jp/

 

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. 季節のおすすめ

 

本格的な夏を迎えるこれからの季節にお勧めの
夏の贈り物をご用意いたしました。

 

店頭でもお取り寄せでも人気の高いDari Kの
『カカオが香るチョコレート・アイスクリーム』

 

Dari Kが栽培・発酵から加工まで一貫して監修
するインドネシア産のカカオ豆から作られる
こだわりのチョコレート。これをふんだんに使い
香り高いアイスクリームに仕上げました。

 

こちらのアイスクリームをたっぷり8カップ、
自家焙煎のカカオ豆を添えてお届けします。
召し上がる直前に粗く砕いた豆を振りかければ
口どけのよいアイスクリームとカリッとした豆
の食感の違いと、焙煎したての豆ならではの
香ばしさをご堪能いただけます。

 

お届けする特製の木箱は、ナチュラルなクラフト
とシックな黒の2色からお選びいただけますので
ご注文の際にご指定ください。

日頃お世話になっている方への感謝のしるしに
遠方にお住いのご親戚やご友人に
勿論、ご自宅でご家族とご一緒にお召し上がり
いただくにもぴったりです。
皆様、是非ご検討くださいませ。

 

 
◆◇『カカオが香るチョコレート・アイスクリームセット』
アイスクリーム8カップ・ローストカカオ豆24粒
特製木箱入 4,860円(送料・税込)

 

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2. Dari Kからのお知らせ

 

こちらでは、講演会登壇やイベント出展など
Dari Kのもう1つの側面での様々な活動に
ついてご案内、ご報告いたします。

 

 
◆◇Dari Kと行くツアーのご案内
8月のカカオ農園ツアーは間もなく6月30日
が申込期限となっております。ご検討中の方
は、お早目にお申込みくださいませ。
9月のビジネスモデル・スタディツアーも
引き続き7月末まで受け付けております。
8月:
https://goo.gl/ZHTIxX
9月:
https://goo.gl/mOxJoj

 

 
◆◇カカオ豆から手作りチョコレートワークショップ
6・7・8月の間、チョコレートづくりを体験
していただけるワークショップをDari K本店
で全5回開催いたします。
この夏のお出かけプランに組み込んでみては
いかがでしょうか。
https://goo.gl/GuRZRB
▼Facebookのイベントページはこちら
https://goo.gl/ie5S2K

 

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3. スラウェシ日記

 

こちらでは、インドネシア・スラウェシ島駐在
の弊社・足立より、現地での活動とフレッシュ
な情報をお届けします。

 

 

◆◇今週のスラウェシ
6/7UP:遂にお披露目!(5/24記事続編)
https://goo.gl/8xc3Pm
6/11UP:4年目のツアーに向けて
https://goo.gl/YRQ2pa
6/14UP:カカオ農園ツアーの魅力
https://goo.gl/2CNGB3

 

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
4. 吉野のコラム

 

◆◇チョコレート革命! Vol.2

 

前回、お米には新米があるし、お茶にも新茶

がある。じゃがいもは新じゃが、タマネギは

新タマネギがあり、ワインだってボジョレ・

ヌーヴォーがある。今はハウス栽培が増えて

野菜や果物の「旬」はあまり感じられなく

なったものの、それでも自然に育まれた作物

はみな「旬」があります。

カカオも例外ではありません。どこのカカオ

生産国でも、大きな収穫期つまり旬が年に

2回あるんです。

なのになぜ、新チョコってないんだろう、

というのが疑問だったという話をしました。

 

新チョコがない理由。それは、お米やお茶、

じゃがいもやタマネギ、そしてワインも

生産地と消費地がそれほど離れていないと

いうことに関係するんです。

 

カカオが栽培されるのは赤道を挟んで南北

緯度20度の熱帯地域。

なぜ熱帯でしかカカオは育たないかというと、

カカオの種(カカオ豆)の中の胚乳が芽を出す

には、その胚乳を構成する油(カカオバター)

が融けなればならず、このカカオバターの

溶けだす温度(融点)が約30℃だからなんです。

つまり、気温が30~35℃と高くなくては、

カカオ豆は発芽しないということ。

 

そしてこの事実が皮肉な現象を生み出します。

つまり、カカオを栽培するには平均気温が

30~35℃でなくてはいけない一方で、カカオ豆

からチョコレートを作ると、そのチョコも

30~35℃で溶けてしまう。

カカオが栽培できる場所は、チョコが溶けて

しまう場所でもあるのです。

 

するとどうでしょう?

せっかくカカオが収穫され、その場でチョコを

作ろうとしても、チョコを作ってるそばから

溶けてしまうので固まらない。もちろん冷蔵庫

があればいいのですが、カカオの生産国の一人

当たりGDPは1500~3000ドルの国がほとんど。

中でも農家の所得はその半分くらいのことも

少なくないので、年間750~1500ドルくらい、

日本円にして年収7.5~15万円くらいなんです。

そうなると、冷蔵庫を買う余裕もないし、

そもそも電気が通ってない無電化地域も多いので、

チョコを作ることができなかったりするんです。

 

そうなると、カカオ豆はチョコにするのに、

はるばる船で外国へ輸出しないといけない。

アフリカや中南米、アジアから日本へ船に乗せて

カカオ豆を運ぶのに2か月~長ければ半年以上

かかります。もちろん、これはカカオを収穫して

すぐに船に乗せられた時の話であって、通常は

カカオ豆を収穫後、倉庫で保管され、注文が

入って初めて輸出手続きに入るので、カカオ

生産国の倉庫や港の倉庫で半年~2・3年保管

されていることも珍しくありません。

 

そうして輸出されたカカオ豆は今度は実際に

使われるまでチョコレートメーカーの倉庫で

また保管されます。その間また半年~1・2年。

つまり、通常私たちが口にするチョコレートの

原料のカカオは、食べるときからさかのぼると、

どんなに早くても1年以内ということはほぼ

考えられず、通常は2~3年、遅ければ4~5年

もザラということです!

 

あのフレッシュでみずみずしいカカオの実を

知っている私としては、なんだか収穫から

5年も経ったチョコって魅力的に感じない><

一方で、収穫して発酵して乾燥させて、すぐに

チョコにすると、なんだかまだフレッシュ感が

残っている気がして香り高い気がするんです!

 

それはひょっとすると気のせいかもしれない。

でも、それでもですよ、

カカオって採れた国が違えば味も変わるとか、

Bean to Bar(ビーン・トゥー・バー:カカオ豆

から手作りでチョコを作る製法)がトレンドに

なってから理解してくれる人も多くなって

きましたが、同じ国の、同じ地域の、同じ農家

から採れるカカオ豆でも、毎年、収穫毎に味が

全然違うことを忘れないでください!

そう、ワインが、ボジョレ・ヌーヴォーがそう

であるように、ある年のワインはやや甘めで酸味

が効いていて、また別の年のワインはコクや深み

があるように!

 

チョコは年中コンビニでもスーパーでも買えます

が、やはり消費が伸びるのはバレンタイン。

バレンタインのチョコの原料のカカオは、

3~4年前の、しかもいろんな国のカカオ豆を

混ぜられたものと知ったら、なんか私個人的

にはちょっとテンション下がります。

 

せっかくのBean to Bar製法。やっぱり採れたての

フレッシュなカカオ豆を使いたい!ということで、

Dari Kはこの超フレッシュ・チョコレートの開発

に乗り出しているのです。

また徐々に情報は公開していきますので、

是非お楽しみに!

 

 
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5. 今月のスケジュール

 

こちらでは、催事出店やイベント出展の予定や
テレビ・雑誌などのメディアでのご紹介予定を
中心に、ご紹介してまいります。

 

 
◆◇6/21(水)・京都
京都ベンチャービジネスクラブ第33回総会
記念講演
http://www.kvbc.jp/schedule/index.html

 

◆◇6/23(金)・京都
京のアジェンダ21フォーラム
『京都からつながるSDGsシンポジウム』
https://goo.gl/F6o7BE

 

◆◇6/29(木)・京都
京都産業大学 ※非公開

 

◆◇6/30(金)・東京
中小機構虎ノ門セミナー
『ソーシャルビジネス的経営の発想と展開のエッセンス』
https://goo.gl/uf7lwg

 

 
◇――――――――――――――――――――

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

 

前回創刊号の配信後、様々な反応をいただき
皆様がそれだけご関心をお寄せくださること
を改めましてありがたく感じた次第です。

会社設立7年目の今年、このメールマガジン
も含めて、Dari Kは様々な新しい取り組みに
これから挑戦してまいります。

 

よりよいものを目指し、試行錯誤を繰り返し
つつ精進してまいりますので、皆様引き続き
のご支援、ご愛顧、そしてご愛読の程何卒
よろしくお願い申し上げます。

 

 
■◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 発行元 Dari K株式会社
 発行責任者 大澤祐子
 URL: http://www.dari-k.com/
 Email: shop@dari-k.com

【メルマガ配信の登録・停止について】
 下記のアドレスにアクセスし、『メルマガ解除』にご入力ください。
 https://goo.gl/TgfkUn
■◇◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

商品は店舗かオンラインショップにてお買い求めください。

  • Shop
  • Online Shop

卸販売などのロット数が多いご注文はインターネットからの問い合わせか、
TEL 075-494-0525 までお問い合わせください。