新着情報



2017.7.22

【締め切りまであと1週間!ラオスのスタディツアー8日間!】


お蔭様で8月20~27日のカカオ農園視察ツアーは締め切り前に約50名の参加のご応募をいただきましたが、定員の関係もあり約40名で催行することになりました。

まだツアーまで1ヶ月ありますが、既に現地に駐在しているスタッフとは何度も連絡を取り合い、現地での様々なプログラムを段取りしているので、ご参加の皆様ぜひ大いに楽しみにしていらしてください!

 

 

さて、今日はもう一つのツアーのお知らせです。

 

こちらはカカオではなくコーヒーをメインに、また場所はインドネシアではなくラオスにはなりますが、開発コンサル大手のアイシーネットと共同企画で「ソーシャル・ビジネスを 現地で学び、自ら立案する ラオス8日間の旅」を催行します。

 

日程は9月17~24日の8日間。

シルバーウィークと重複するので、実質的に学校や会社を休むのは4日のみで大丈夫です!

 

自分でビジネスを立ち上げたいと思っている方、あるいは途上国でサステナブルな開発や援助をしたいと思っている方に最適なプログラムにしています。

とにかくそういう方にとって、現場に直接赴くのは必須。しかし視察するだけでは「へー、すごいなぁ」で終わってしまいがち。

一方で、実際に自分でビジネスモデルを考えるとなると「どうやったら経営できるだろう?人はどうする?お金はどこからもってくる?何を誰に売る?輸出の関税や物流どうする?」など沢山の疑問が湧いてきます。

 

そういうのって、一度経験すると一気に視野が広がり今後の人生でとっても役に立つのですが、日本にいるとなかなかそれを言葉で説明するのも難しいし、何よりまとまった時間がとれない。

そういう意味で、このスタディツアーは非常におススメです!今回はおそらく少人数での催行になるので、より密度の高い経験になりそう=)

 

 

想いをどうやってカタチにするのか、アイデアからビジネスプラン(事業計画)へ落とし込むコツや、相手に刺さるプレゼンの極意など余すところなくお教えするのはもちろんですが、とにかくみんなで議論しながらビジネスモデルを作る体験を楽しく(時につらいかもですが)学びましょう!

 

詳細&お申込みはこちら

http://eco.his-j.com/volunteer/tour/ICNET-VTE8

 

 20170529191937